子どもが好きを仕事に

保育士を選んだキッカケ

保育士を選んだキッカケですが、やっぱり子どもが好きだからでしょう。
私も在学中はそのような気持ちに気づけませんでした。

保育園

ですが、仕事が決まってから段々と子どもが好きになっていったのです。
そのキッカケですが、子どもと一緒に手巻き寿司を作ったことがキッカケとなりました。

大人の場合、手巻き寿司をキレイに作ったり、好みの具材を挟み込むようにして作る人が多いかと思います。

しかし、子どもの場合は手巻き寿司の歌などを歌いながら、手巻き寿司を作っていくのです。
最初はこのような作業をしている時、お手本になるものを作らなければと思っていました。

ですが、子どもは大人とは違い純真無垢に手巻き寿司作りを楽しんでいるのです。
このようなことがキッカケとなり、益々子どものことが好きになりました。

自由奔放というとそれまでですが、このような気持ちを保育士になるまで忘れていたような気がします。
子どもと付き合っていると、子供っぽくなる大人の方がいますが、私も保育士としてそのような変化がありました。

ですが、言葉では言い表せないような幸せがあり、なんとも言えない多幸感の中で仕事をこなせるのです。
これらのことが積み重なっていき、保育士を続けていこうという気持ちが出来上がったのでしょう。

保育士はリーダーになれる

私は率先して動くのが大好きです。
この辺りは子どもと同じような思考パターンをしているかも知れません。

ですが、保育士の場合はそのような気持ちが功を奏します。
私の場合、子どもから良く頼られるのですが、とある部分が他の保育士の方より良かったので好かれたそうです。

それはなにかと言うと、リーダーシップだそうです。
男性の保育士も保育園にはいます。

ですが、周りの人を無理矢理引っ張るような力強さが、私にはあるようで人気者になれました。

子どもは目立って力のある人物が好きなようです。
バイタリティ豊かで、子供っぽさがある人であれば子どもが好きを仕事に変えられるでしょう。

私も不安だらけで保育士になりました。
ですが、子どもに対してはシンプルさがそのまま魅力へと置き換わります。

裏表なく人付き合いをしたい、または園児に対して自分がリードをしてあげるという責任感のある人であれば、保育士としての可能性は十二分にあるでしょう。

子どもたちの親とも頼られる

私が楽しいと感じている時間は、家族同士でお付き合いをしている時間です。

保育士として働いていた頃も、保育士ではなく専業主婦として生活している今も、昔ほどお付き合いそのものは変わっていません。

園児に気に入られているため、家族ぐるみでのお付き合いを希望されたこともあります。
何が言いたいのかというと、保育士というのは人付き合いに特化したお仕事だということです。

逆に言うと、コミュニケーション能力の高さ1つで、これだけ楽しい生活を送れるのです。
保育士になって良かったことを1つ挙げるとすれば、このような付き合いを獲得できたことでしょう。

This entry was posted in 仕事.

子どもの褒め方

一緒になって楽しむ

子どもを上手に褒める方法ですが、オススメは一緒になって楽しむついでで褒めるという方法です。
子どもは、基本的に親以上に親しい人物はいません。

友達がいたとしても、最近では淡白な付き合いが多いため、家族仲を大事にしている子どもが多いのです。

参考:【子育て】効果的!子どもが伸びる褒め方 – NAVER まとめ

なので、家族として友人であり、親でありで付き合っていくようにしましょう。
すると、親に対して何でも相談できる子どもとなりやすいです。

あまり付き合いがない親の場合、子どもは重要なこと以外では付き合いをしない傾向になりやすいです。

これは親に対して遠慮しているのではなく、自分は好かれているのかどうかわからないため、距離をおいて付き合う癖が生まれてしまっているのです。

保育園でも、そのような子どもは良く見かけました。
そんな場合に、口で言って聞かせるのはNGです。

というのも、子どもが自主的に考えなくなっていき、最終的に判断を親に委ねすぎるからです。
意見交換を何気なく楽しむためにも、先ずは一緒になって楽しんでくれるフレンドリーな人物でいましょう。

そのような対応を心がけていると、もっと好きになって欲しいという素直な気持ちが子どもに芽生えます。
これが家族仲をさらに良くしてくれたり、子どもそのものの成長へとつながっていくのです。

ボディタッチを増やす

意識的にボディタッチをしましょう。
褒める際も、頬をなでてあげたり、頭をなでるようにしたほうが良いです。

手を繋ぐ

子どもによっては嫌がったりすることもあります。
ですが、習慣で行っていると子どもも段々と気にしなくなっていくのです。

子どもが小学生、中学生と成長していくと、このような行為ではあまり喜ばなくなります。
ボディタッチに関しても、こちらの意図とは違い面倒臭い対応と感じる子どもいるのです。

そのような考えに依存させないために、子どもの頃から愛情タップリの付き合いをしておきます。
子どもというのは純粋なもので、本当に大事にしてくれる相手に対しては中々反発しません。

愛情というのは、意識的なボディタッチ1つでも発生するのです。

しっかりと目を見る

叱る時、褒める時の注意点ですが、必ず相手の目を見てしゃべるようにしましょう。

目を見られていると、子どもによっては恥ずかしがる子どももいますが、相手の目をしっかりと見る行為は誠実さの表れでもあります。

将来的に子どもが家族以外と付き合っていく上でも、目を見るという行為は重要なのです。
それと、目を見ていると相手の表情を正確に捉えることができます。

つまり、話をしっかりと聞いているのか、それとも怖がって目をそらしているのかがわかるのです。
話をしっかり聞いている場合、そのことをわかりやすく褒めてあげましょう。

怖がっている場合は、なるべく目をそらしている理由を聞いてあげると良いです。
子どもにとって大事な理由があってそらしている可能性もあります。

目をしっかりと見るという行為は、子どもについてもっと正確に理解してあげる行為でもあるのです。

This entry was posted in 育児.

100均で子育て便利グッズを発見

200円均一が便利

いきなり100円均一とは別の話になるのですが、100円均一には200円均一も存在します。
そのコーナーでは、子育て便利グッズも売られているので、オススメの物を数点だけ紹介させて頂きます。

オススメの子育て便利グッズですが、特に面白いのは色が変わるゴムです。
子どもが喜ぶオモチャとして売られているのですが、大人も楽しめるような作りになっています。

ゴムは縦横にかなり伸びるので、子どもに与えると大きく伸ばして楽しんでいる光景が見れます。
大人の場合、色々な色合いに変化させて、キレイなグラデーションのものを作ってみると面白いでしょう。

オススメの子育て便利グッズその2ですが、知育菓子コーナーのものがオススメです。
知育菓子というのは、遊んでいる内に理科の実験に似たようなことを体験できるようになっています。

例えば、とあるものを入れると食べ物が発行したり、もしくはゲル状になるのを体験できるのです。
もちろん安全な食べ物でもあるので、実験終了後は子どもが好きなお菓子を食べることまでできます。

家族で感動できるお菓子でもあるので、200円均一ではオススメの商品です。

絵本コーナーがオススメ

絵本というと1000円以上するものが専門店では売られています。

ですが、100円均一でもミニサイズの絵本が売られているので、絵本が好きな子どもがいる場合は、100円均一のものを購入されると良いです。

絵本としては、昔から馴染まれている作品まで売られています。
冊子の部分が安っぽいのですが、子どもに読んで聞かせる分には問題ありません。

ただ、絵本コーナーではそれほど多くの絵本を用意していません。
人気の絵本はすぐになくなることが多いので、人気商品は先に購入しておいたほうが良いです。

子ども用調理器具も100均

子どもが使っても安全な調理器具も、100円均一で売られています。
家族で楽しく料理を作る祭も、100円均一の調理器具を使ってみてはどうでしょう。

どのような部分が優れているのかというと、ゴムで出来ているので安全という設計で優れています。
子どもに鋭利な刃物を持たせると、結構力強く振ってしまうので危険です。

しかし、ゴムで出来ているものであれば、刃物そのものの危険性が低い状態となります。
野菜などを切る際に便利なので、子どもと一緒にサラダなどを作る際は重宝します。

サラダ

ただ、子ども用として販売している調理器具は、100円均一によっては売られていません。
大手の100円均一であれば売られていることが多いのですが、商店やスーパーが独自に販売しているケースでは、売られていないと思ったほうが良いでしょう。

後、100円均一で売られていることが多いのですが、子ども用の鍋などについては300円均一などで販売されています。
一部の商品以外は、200円以上すると思っておいたほうが良いでしょう。

This entry was posted in 育児.