簿記検定に興味があります!

転職にも有利な簿記検定の資格

転職を考えている人によって、どんな資格を取ったら採用に有利に働くかということはよく考えるものです。
いろいろな資格がありますが、中でも汎用性が高く、転職の可能性を広げてくれる資格として簿記検定を挙げることができます。
簿記は会社の経理上の書類をどのようにまとめるかなどの、どの企業にとっても必要なスキルを証明するための資格です。

そのため、簿記検定資格があるとどこに行ってもアピールのチャンスが生まれますし、事務系の仕事では採用の可能性を上げるポイントとなります。
また、簿記検定は基本的に年齢や学歴などの受験資格がありませんので、誰でも挑戦できるというのも大きなメリットです。

日商簿記を取るのがより一般的

簿記検定にはいくつかの種類があって、それぞれで主催している団体が異なります。
しかし、より一般的で企業からの受けも良いのが日商簿記ですので、転職や就職のことを考えているのなら、日商簿記を取った方が良いでしょう。
商業高校の学生などもこの日商簿記を取ることが多いくらい、とてもポピュラーなものとなっています。

日商簿記の場合は、1級から3級までのクラス分けがなされていますので、徐々にレベルアップしていくことができます。
3級は小規模な経営をしているところ向け、具体的には個人事業主レベルの経理を扱うというスキルを持っている人のためのものです。
2級になると、中小企業向けの経理が扱えるようになりますし、工業系の経理事務も扱えるようになります。

こうしたことから、転職などを有利にしたいということを考えると、日商簿記2級くらいを持っていた方が現実的だと言えます。
もちろん、3級でもある程度のスキルがあると判断されますが、実務的にはそれほど企業では役に立たないので、2級取得を目指すのがベストですね。
2級は受験条件がありませんので、最初からチャレンジすることができます。

常にスキルアップを目指して勉強する

このように、簿記検定は比較的楽に取れる資格の一つとなっていますが、それだけ多くの人が取得している資格でもあります。
そのため、よりレベルの高い資格を取ることや、スキルアップを目指すことを忘れないことが大事だと思います。
日商簿記の1級は、どんな企業でも通用するレベルの高い検定資格ですし、持っている人も少ないので、転職などにはさらに有利なスキルとなりますね。

いろいろな資格があって、自分のスキルを伸ばすのに役立ちますので、より活躍できるように自分磨きを怠らないようにしていきたいものです。
パソコンスキルなども、簿記の資格と共に持っておくとより実践的ですので、仕事を行う上で大変役に立ちます。