私なりの子育てを楽しむコツ

子育てを楽しみコツとは?

愛する子どもたち、とってもかわいいのは事実なのですが、子育てをしているとカワイイカワイイだけでは済まないことも多いですね。
でも、少しでも楽しく子育てしたいものです。

どうすれば楽しく子育てできるのでしょうか。
また、子育てを楽しめる親と、楽しめない親の違いとは何なのでしょうか。

まず、子育てを大らかに考える。
これが大切なのではないかと思います。

子育ては大切な命を守るという使命があります。
また、自分の子どもとはいっても、自分の分身ではありません。
親がこうしたいと希望しても、なかなか思う通りにならないことが多いですよね。
また、家事と仕事、子育ての両立は時間的にも労力的にもとても大変です。

ですから、まずは子どもの安全第一でけれど、あとのことはあまりこだわらない方がいいのではないかと思うのです。
このように育てるべき!と考えすぎると、自分の思うようにならない子どもにイライラします。
これでは楽しくありませんよね。

欠点を直すより、長所を伸ばしてあげよう

子どもは親にどんなにガミガミいわれても、親のことが大好き。
そして、親に好きになってほしいと心から願っています。
人からこんなに好きになられることはない!といっていいでしょう。

子どもがくれる愛、笑顔、成長を喜び、肯定的に受け入れてあげることも大切だと思います。
こんなこともできないの!と欠点を叱るより、これができたの!と長所を誉めてあげましょう。

私も子どもを誉めて伸ばしたいと考えていますが、とはいってもキケンなことや、いけないことをすることも多いのです。
このようなときは怒るのではなく、叱るように心がけています。
怒るのは負の感情を子どもにぶつけることです。
これをしても、子どもは言うことを聞いてくれません。
冷静に、なぜダメなのかを説明して、ママが今どんなに悲しい気持ちなのかを伝えるように心がけています。
とはいっても、なかなか言うことを聞いてくれないのですが、それでも子どもと目線を合わせて、きちんと説明してあげることが大切だと思います。

一人で抱え込まないで!

子育てがツライと感じている人の多くが、自分一人で何もかもを抱え込んでいるのではないでしょうか。
しかし、子育ては分担できるとかなり楽になります。
パートナーに子育てに参加してもらうよう働きかける、たまにはおじいちゃんやおばあちゃんに面倒をみてもらうよう働きかけるのも大切ではないでしょうか。

協力してくれる家族がいなければ、自治体のサービスを利用する方法もあります。
少子高齢化が進み、各自治体では子育て支援の取り組みを積極的に行っています。
自治体のサービスもチェックしてみましょう。

子育ては苦労も多いですが、子どもは急速に成長していきます。
いつまでも同じ状態が続くわけではありません。
かわいかったあの頃……もう戻らないのです。
子育ては、日々が一期一会です。
子どもといっしょに過ごす時間は、人生の宝です。

また、子育てを頑張ろうと考えると、却ってしんどくなることも多いもの。
子育てがツライという気持ちを少しだけ忘れる時間を作ってみませんか。
子どもの寝顔は天使のようにカワイイです。

寝ている子どもを見ていると、子育てのツラさも癒やされます。
子どもが無心に遊んでいる姿をみるのも、親は幸せを感じます。
このように、子どもっていいなと思う瞬間を増やしていく努力が大切ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です