介護事務ってなにするの?

介護施設での書類作成をメインとする仕事

介護事務という仕事は、介護老人保健施設などの介護施設で、専門の書類を作成するという仕事をメインとします。
病院が診療報酬を保険制度に基づいて計算するのと同じように、介護の現場でも介護保険の制度に基づいて、介護にかかった業務の報酬を計算して申請することになります。
その書式は決まっていて、正確に作成することが求められます。

そのため、介護報酬の申請を行うためには、この分野における知識と実務的な経験を持っていることがとても重要になります。
そこで、介護事務についての検定資格が設けられていて、介護の現場で即戦力となる事務スキルを証明することができます。
特にこうした資格がなくても介護事務自体はできますが、やはり事業所としても資格を持っていて、すぐに業務を正確に行える人を優先的に採用とします。

全国どこでもニーズが高く転職、就職に便利

日本は超高齢化社会となっていますので、全国どこに行ってもたくさんの介護施設があります。
どの介護施設でも、当然介護事務の仕事が必要となっていますので、介護事務の資格を持っている人材はニーズが高いと言えます。
転職をするにしても、資格を持っているとより採用のチャンスが高まりますので、多少良い雇用条件で働けることも多く、資格を取るメリットは大きいでしょう。

介護事務の資格はいくつかありますが、最もポピュラーなのは「介護事務管理士」という資格です。
この資格は、年齢や学歴などの受験制限がありませんので、誰でも受けられます。
いろいろなスクールで通信講座を開催していて、効率よく資格を取れるようになっています。

短期間の受講で資格が取れる、比較的敷居の低い資格ですので、この分野での仕事をしたいと思うのであれば、受講してみるのも良いですね。
実際の現場でも役立つ実践的な訓練も受けられますので、即戦力となれます。

業務内容を確認して就職先を決める

介護事務は、介護報酬の計算や申請をするというのがメインの業務ですが、多くの介護施設では、その他の様々な業務も任せています。
そのため、思っていたのとは違う業務をしなければならないというケースも多くなります。
満足のいく仕事をするためにも、事前に実際の現場ではどんな業務を任されるかをきちんと確認して転職先を決めるのが肝心です。

また、たくさんの介護事業所がありますので、それぞれの施設で雇用形態や給料、勤務時間などが異なります。
より良い条件で働くためにも、いろいろな募集を比較して検討することが重要です。
これからさらにニーズが高くなって、この分野でのスキルを持っている人が求められることが考えられますので、今のうちから介護事務について調べてスキルを身に着けるのはいかがでしょうか。