チャイルドカウンセラーってどこで活躍するんでしょうか

チャイルドカウンセラーは現代の日本においてニーズが高まっている仕事

様々なメンタル面でのケアというのは、大人だけでなく子どもたちにも必要です。
日本では、子どものうつ病もしくはうつ状態というのも増えていて、大きな問題となっています。
不登校や学校で周りになじめずに悩んでいるなどのケースが多くなっていますので、そのためのケアとサポートをしてあげる専門家が必要なのです。

そのメンタル面でのケアを行うスキルを持ったプロフェッショナルが、チャイルドカウンセラーとなります。
チャイルドカウンセラーというのは、カウンセリングや心理療法などを通じて、子どもの心を理解して、精神面でのサポートを与える仕事です。
また、子どもだけでなく親のサポートも行い、毎日の子育てをより楽しく、そして効果的に行えるようにも支えます。

チャイルドカウンセラーは、自分で開業することもできますし、ピアノ教室や保育園、学校など様々な活躍の場があります。
国家資格ではないので、資格を持っているからすぐに職場が確保できるということではありませんが、いろいろな職業に活かせるのがメリットです。

認定資格を取ることでスキルを証明できる

チャイルドカウンセラーとして働くためには、特に指定の資格が必要となるわけではありませんが、認定資格がありますので、それを取ることができます。
民間資格として、民間団体が養成課程を行っていて、その講義を修了した後に検定試験を受けることができます。
この検定試験に合格すれば、チャイルドカウンセラーとしてのしっかりとしたスキルを持っているということが証明されますので、仕事をする上でも便利です。

資格自体は講座を取ってそれを修了すれば、体系的に子どものメンタルケアの方法などを習得できるようになっていますので、さほど難しくありません。
また、実際に心理カウンセラーとして働いているプロからのアドバイスなどももらえますので、実践的な内容を学べるというメリットもあります。
数か月間の講義となっていて、それほど時間的な拘束期間も長くないので、新たに身に着けるスキルとしては効率的だと言えるでしょう。

独立開業する手もある

チャイルドカウンセラーとして働くには、いろいろな職場がありますが、自分で独立開業する事も可能です。
子どもたちの心の相談にオフィスや自宅、インターネットで乗ることができます。
また、親たちにアドバイスを与えるという点でも、このスキルを活かすことができるので、様々な活躍の場があります。

チャイルドカウンセラーは仕事の場が限定されていませんので、自分のアイディアを活かしていろいろな仕事に結び付けることができます。
これからさらにこの分野でのニーズが増えていきますので、活用できるスキルと言えるでしょう。